インプラントイメージ

あこがれのインプラントできれいな歯をつくってみたいけれど

年齢も高くなり、失った奥歯のせいで良く咀嚼できにくくなったので、ネットでインプラントについて「いろいろと情報を集めてみました。
インプラントについてくわしく、しかも自分の医院がいかに良いかをさまざまな写真入りで説明しているところは、安心感があると同時にその値段の高さでちょっと敬遠したくなります。
でも、その他の紹介記事を見ていると、値段はやや安くても手術の方法や設備の充実度や術後のケアなどなどを考えると、良い治療をしてくれるところを選ぶのが一番良いお金の使い方にもなると思います。
また、治療にかかった費用は10万円を超えると医療費控除の対象になり、領収証を保管しておけば税務署へも簡単な確定申告をすれば返金されるので、費用の面では以前ほど心配にならないと思い、某信用できそうな医院へ行って見ました。
初めに助手のような女性が、これまでの病気の有無や健康状態や自分の歯についての悩みなどを聞き取り、実際に歯茎や骨の状態を見てくれました。
次に医師から糖尿病や高血圧の有無などと同時に、正確な3D立体画像を作成し、それができるまで、広くて座り心地の良いソファーでしばらくくつろいでいました。
それから、別室に招かれて院長先生からインプラント治療について詳しい説明と治療費の説明がありました。
この日は、ほかに血液検査と歯周病の検査も行い、その結果については7日後ということで、その間、私も治療を続けるかを考えてみることにしました。
私の場合は、年齢のせいもあり歯茎の骨がやや少なくなっているので、しっかりと植え付けられるだろうかと素人ながらそのことが心配でしたが、院長先生から特に指摘されなかったのでおまかせしてみようと思ったのです。
この医院では1回目にインプラントが生着しなくても再手術の費用を請求しないというのも魅力です。
また、麻酔専門医師もいるというので、場合によっては全身麻酔法で無痛手術ができるのも良い点です。
しかも、定期検診でインプラントの除去をする必要がある時は10年間無料で入れ直しの手術をするというのですから、術後の経過にも不安がないのは最高だと言えます。
実際の手術は複数のドクターが最適な治療方針を立てたと言うので、安心してその指示にまかせていることができました。
実際は外科手術と同じなので、術後は自分でも感染予防や歯の手入れには気をつけないと、せっかくの良い歯も宝の持ち腐れのようにそれほど長持ちがしないので、あとは自分の手入れと定期的な検診を怠らないようにするつもりです。

Copyright(C) 2010 歯の治療.com All Rights Reserved.