インプラントイメージ

インプラントは画期的な治療

長年、虫歯の治療で辛い思いをし、歯医者と聞くだけで辟易していました。
そこで、「次に、虫歯が悪化して抜歯することになったら、絶対にインプラント治療だ」と決心していました。
そしてついにその時がやってきてしまいました。
私があまりにも即決でインプラントを申し出るので歯科医は躊躇するくらいでした。
さて、結論から先に言います。
インプラント治療は正解です。
まるで自分の歯のように使えます。
時々、人工の歯であることを忘れてしまいそうになるほどです。
しかし当然ながらいくつか知っておいた方が良いこともあります。
そこで、治療中、そして治療後の知識と経験をお話します。
一番、気になる部分は放射線をあびるということです。
治療前にも何度も顎全体の写真を撮りました。
その際に医者に放射線の害はないのか聞きましたが、医者は「全く問題ないレベルだ」と返答しました。
しかし、現段階では放射線の安全性が完璧に保障されていないわけで、その点を気にする方には向いていません。
治療後も半年に1度は歯の状態をX線でチェックする必要があると言われ、もう何度も写真を撮りました。
その都度、自分の歯と歯根の状態が確認できるので安心ではあります。
しかし、何とか今後、X線を使わなくともよいアフターケアーの治療技術が発達することを願っています。
また、自分の歯根の状態がかなり重要です。
全身的な骨密度を日頃より確認しておくことです。
つまり全身の骨が頑丈でないと、人工的な骨を埋め込むわけですから、顎の骨に負担がかかるということです。
老化して自分の骨がボロボロになって人工の骨だけがいつまでもしっかり残っているというのは笑えませんよね。
骨を強化する食事や生活習慣が重要だと思います。
最後に若干マイナーで、個人的な問題ですが、精神的な落ち着きと医者に対する全幅の信頼が大切です。
何と言っても骨にドリルで穴を開けるわけですから、それなりの覚悟も必要ですし、それなりの時間もかかります。
私の場合、恐らく緊張の結果だと思われますが、事前の血圧測定と手術中のそれとが、両方とも極めて高くなり、看護師さんに心配されました。
気が弱いせいだなあと思い、恥ずかしかったです。
ただ、医者は治療後に使った痛み止めや消炎剤が血圧を高める場合もあるからと薬を変えるなど一生懸命な対応をしてくれました。
最後にもう一度言いますが、自分の骨にも匹敵する新たな骨を獲得する技術。
すばらしいです。
保険の適応になると言うことなしですね。

Copyright(C) 2010 歯の治療.com All Rights Reserved.